LEDの仕組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,693
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    LEDの仕組み

    代表キーワード

    LEDの仕組み

    資料紹介

    LEDの仕組み
    LEDと白熱電球の比較
    LEDは電球と違って半導を使っているため下ののようにLEDチップを守れるようにケスが使われている。
    LEDは一般白熱電球に比べて消費電力は1/8であって、反時間は1,000,000倍早く、命は半永久的である。現代は技術力の達に伴い精密半導機器、自動車計器盤などの電子表示板、電光板、交通安全信などに幅く使われている。
    これは開された順番で、赤→→→白の順である。
    LEDの史
    LEDは基本的にP形とN形を接合した半導の方に電極端子を作って電を加えて、電流を流せP-Nの接合の付近で光を光する素子をいう。
    このような LEDの始めは 1923年に炭化誦素(SiC)材料で直流電流を流した時に光した最初の物質と報告されている。しかし、この時は SiCの成長がすごく難しかったし、また扱いにくかったため、その後にはあまり開されなかった。以後、1952年にはSiとGeの半導のp-n接合で光が初めて報告になった。またGaPのような新しい化合物半導がLEDの材料として初めて提案された。
    在的な究は1960年代に多く成立したが、1962年にはGEで現在のような半導LED

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    LEDの仕組み
    LEDと白熱電球の比較
    LEDは電球と違って半導体を使っているため下の絵のようにLEDチップを守れるようにケースが使われている。
    LEDは一般白熱電球に比べて消費電力は1/8であって、反応時間は1,000,000倍早く、寿命は半永久的である。現代は技術力の発達に伴い精密半導体機器、自動車計器盤などの電子表示板、電光板、交通安全信号灯などに幅広く使われている。
    これは開発された順番で、赤→緑→青→白の順である。
    LEDの歴史
    LEDは基本的にP形とN形を接合した半導体の両方に電極端子を作って電圧を加えて、電流を流せP-Nの接合の付近で光を発光する素子をいう。
    このような LEDの始めは 1923年に炭化誦素(SiC)材料で直流電流を流した時に発光した最初の物質と報告されている。しかし、この当時は SiCの成長がすごく難しかったし、また扱いにくかったため、その後にはあまり開発されなかった。以後、1952年にはSiとGeの半導体のp-n接合で発光が初めて報告になった。またGaPのような新しい化合物半導体がLEDの材料として初めて提案された。
    実在的な研究は1960年代に数多く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。