卒業論文:競馬に未来はあるのか

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数26
閲覧数3,075
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    卒 業 論 文
    競馬に明日はあるのか
    ~中央競馬・地方競馬の現状から見つめる~
    要約
    本論文では、現在行われている中央競馬(JRA)と地方競馬(NAR)について、テーマごとに論じている。第一章では、競馬の歴史にテーマを当てていく。競馬先進国、特にイギリスとアメリカを取り上げ、各国の競馬発祥の歴史を探っていく。歴史を検証していく事で、なぜ競馬がその国で誕生したのかを理解し、また競馬施行の方法の違いを探り、第二章以降の日本競馬へとつなげていく。第二章では、日本競馬にテーマを当て、日本競馬がどのように成立したのかを述べていく。そのために、根幹となる競馬法について考察し、その上で中央競馬と地方競馬の大まかな組織構成を論じていく。第三章では、中央競馬にテーマを当てていく。主に筆者が取材した競馬場の様子を基に、中央競馬の実状を考察していく。また、ファンサービスなど、競馬発展のための外部への働きかけも考察する事によって、第五章での問題点の考察へとつなげていく。第四章では、地方競馬にテーマを当てていく。地方競馬、特に筆者が取材した私の地元岐阜にある笠松競馬や南関東の大井競馬に重点を置いて実状を示し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。