メディアに関する教育のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数459
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メディアに関する教育(教育方法)のあり方について
    メディア教育の歴史
     江戸中期以降では、1万枚のかわら版が配布され、すでにマスメディアによって人々は情報を得ていた。観光案内書であった往来物を寺子屋の教科書にし、安藤広重の東海道五十三次をながめて、人々は伊勢参りに夢をはせた。江戸幕府の崩壊にも、メディアは大きく関わった。
     現代は、もちろん江戸時代とは比較にならない。近代学校は、教科書というメディアの利用によって可能になった。社会の隅々までメディアが入り込み、私たちはすでにメディアの中に住んでいると言っても過言ではない。
     現代のメディアの歴史はそこまで深くはない。インターネットなどのコンピュータの普及は殆ど最近のものであるし、視聴覚教材などが使われ始めたのもそれほど昔のことではない。
    メディア教育の現代
     特に現代では、メディアの進歩は著しく、インターネットの普及や視聴覚教材など多くの材料が教育の現場では用意されている。小学校や中学校で理科や社会の時間でビデオによる理解を深めることは勿論であるし、道徳の授業などでもビデオなどを使用することは多い。また、情報の授業など行うようになり、ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。