生活2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数272
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育学通信レポート小学校生活

    代表キーワード

    生活

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教科書で定義されている一次的変化とは、人間活動が最初に地球のある部分に与える変化をいう。人間活動による直接の変化であり、たとえば畑をつくるために森林を切り開くこと、草地に木を植えること、川に堤防やダムをつくることなどであり、身近な例でいえば、人が呼吸をすることもゴミを燃やすことも、自動車を走らせることもみな、一次的変化である。この場合、周辺の空気の酸素が使われ、二酸化炭素ができる。このような変化は、人が直接手を下したために起こった変化であり、一次的変化である。
    ところが、これらの変化は次の段階では、自然の作用を受けて新たな変化を引き起こす。たとえば、森林の木を切り取ると雨が降ったときに、雨粒が土壌をえぐり、川に流れ込んで川の水が濁るだろう。また草地に木を植えると、放っておいても木は成長して森林ができるだろうし、自動車の排ガスも自然に、風に吹かれて別の場所へ運ばれながら、薄まってゆく。またダムをつくれば、雨が降ったときに自然と川の水がたまってゆく。このように、一次的変化がきっかけとなり、それに自然の作用が加わって新たに起こる変化を教科書では、二次的変化と定義している。
     人間活動による地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。