民法2 第一課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数302
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学2009年課題

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     物権とは、特定の物を直接的・排他的に支配する権利のことをいうが、その効力として、優先的効力と物権的請求権が認められている。他人からの不当な干渉を受けて、所有者の自由な支配が妨害されている場合には、その妨害を排除して、所有権の内容を実現させることができる。そのための救済手段を物権的請求権という。
     物権的請求権の根拠として定められた明文の規定はないが、判例・学説は、物権的請求権を認めている。この物権的請求権が認められる根拠として、(1)物権が直接、排他的な支配権であること、(2)いわば仮の権利にすぎない占有権にも、同様の場合につき占有訴権が認められるのであるから、これよりも強力な物権には、当然に物権的請求権が認められるべきこと、(3)形式的にも、民法は、占有訴権のほかに「本権の訴え」が存在することを前提としている(民法202条)。
     物権的請求権には、物権的排除請求権、物権的妨害予防請求権、物権的返還請求権の3類型がある。以下では、物権的返還請求権について考察する。
     物権的返還請求権とは、物権を有する者が物を奪われ、物の占有を全面的に排除された場合に、その物の引渡しや明渡しを請求する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。