行政法1第3課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数232
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学2009年課題

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    法律による行政の原理の観点から、法律の規定が厳格で、要件や効果が明確で、行政権に判断・行動の余地を認めておらず、行政権は法律を執行するにとどまる場合を「き束」された状態という。しかし、行政の対象が専門技術的対応等をも含んだ決定を必要とし、法律文言を抽象的なものとしている。このことから、行政権に判断・行動の余地を認め、行政活動に裁量が認められている。この場合、行政権行使が範囲内で行われている限り、違法性の問題は生じない。裁量問題は、「法律による行政の原理」と「司法国家の原理」という行政法現象の根幹に関わる問題である。
     行政裁量の諸形態であるが、き束裁量と便宜裁量とに分けられる。き束裁量とは、何が法なるかの裁量をいい、その裁量を誤る行為は違法行為となる。便宜裁量とは、何が行政の目的に合し、公益に適するかの裁量をいい、その裁量を誤る行為は、裁量権のゆ越・濫用がない限り、単なる不当行為にとどまる。何が法であるかの裁量を誤れば、違法が生じるが、合目的性の判断を誤っても直ちには違法の問題は生じない。裁量細分化の目的は、裁量が認められている場合でも、なお、行政権が従うべき一定の限界を超えた裁量権行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。