学歴社会とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,049
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると、教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    学歴社会とは、学歴によって社会における職業選択、給与体系や社会的な権威が左右され、社会の基準として学歴に重きをおかれる社会のことである。単純に言えば、いい大学にはいれば、いい会社にはいれ、いい人生を送れるという意識の共有化された社会のことである。学歴に価値をおく理由として、能力あるいは人格のひとつの指標になるという点があげられる。優秀な能力とは、学力を持っているということを、学歴が示す。人格の指標とは、己をコントロールして目標の成果をあげられると世間では思われている。上記のことより、現在では学歴とは優秀な人の証明のように使用されている。なぜ学歴に重きをおかれているかというと、企業の採用に深く関わっている。学生を採用するさいに、短時間で個人の実力・能力を的確に測定することが非常に困難である。資格などによって判断出来る能力もあるが、実力・能力を採用時に的確に判断することは極めて難しい。また、実力・能力は環境などによって変化し、一定ではない。そのため、実力・能力を測定する社会的指標として学歴が用いられた。特に、バブル期以降までの日本では専門職は別として、様々な職務を経験した総合職を育てるためにジョブローテーションがあり、一般的な潜在能力を有する人材を重視する傾向にあった。企業が基礎学力を中心としたペーパーテストで新入社員を評価・採用し、その後に会社の現場で実践的能力を身につけさせるというシステムを前提にして、学歴社会を推し進めたことにより、多方面に渡る人材を質量ともに安定的に育成する役割を果たした。上記のことより若者や学生の学習意欲の大部分は、この学歴社会によって担保されてきた。次に、高学歴化が進むと学力の中身が問われるのではないだろうか。学力の中身とは、知的能力の高さである。昨今の就職状況を見ていると、たんにどこそこの大学を卒業したという条件だけでは就職できないようになってきている。現在の日本を考えた場合、少子化が進行したために、生徒数を確保したい大学が入試試験のレベルをさげて全入時代が到来しようとしている。全入時代がきた場合、形式上では高学歴であっても、大学生として最低限必要な学力を持っていない大学生を輩出する可能性がある。大学生の質を低下させ、数を増加させることになりかねない。つまり、質より量の大学生になる。こういった現象が起こってくると、かつての大学の名前のブランド効果が薄れてくることになる。このようになると、企業が多くの学生の中から優秀な人材を見つけることは困難になる。そのために、従来の指標であった学歴の代わりに、学力が問われるようになる。ここでいう学力とはいわゆるペーパーテストでの点数のことである。企業の採用には、何百人という数の受験者がいるので、その中から優秀な人材を見つけることは簡単なことではない。時間をかけて、ひとりひとり面接をしていく方法は取りにくく、まずはペーパーテストでふるいにかけた上で、面接等の最終判断を行うことが一般的になっている。しかし、企業で問われている力は、学校で身につける学力とまったく異なっており、採用試験で点数がつけられる力とのギャップが問題であると考えられる。 従来の日本では、大学の名前がモノをいっていたが、今はペーパーテストの点数ですべてが決まってしまう時代になっている。この原因として、大学への進学率が高くなったことが挙げられる。高学歴化が進行すると、保護者や教員にとっては高学歴であることが当然なこ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると、教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    学歴社会とは、学歴によって社会における職業選択、給与体系や社会的な権威が左右され、社会の基準として学歴に重きをおかれる社会のことである。単純に言えば、いい大学にはいれば、いい会社にはいれ、いい人生を送れるという意識の共有化された社会のことである。学歴に価値をおく理由として、能力あるいは人格のひとつの指標になるという点があげられる。優秀な能力とは、学力を持っているということを、学歴が示す。人格の指標とは、己をコントロールして目標の成果をあげられると世間では思われている。上記のことより、現在では学歴とは優秀な人の証明のように使用されている。なぜ学歴に重きをおかれているかというと、企業の採用に深く関わっている。学生を採用するさいに、短時間で個人の実力・能力を的確に測定することが非常に困難である。資格などによって判断出来る能力もあるが、実力・能力を採用時に的確に判断することは極めて難しい。また、実力・能力は環境などによって変化し、一定ではない。そのため、実力・能力を測定する社会的指..

    コメント8件

    0928kouki 購入
    参考になりました
    2007/06/03 23:58 (9年6ヶ月前)

    kelly_511084 購入
    参考になりました!
    2007/06/07 9:22 (9年6ヶ月前)

    honeybee 購入
    参考になりました。
    2007/06/10 0:03 (9年6ヶ月前)

    takada49 購入
    参考になりました。
    2007/06/18 1:01 (9年6ヶ月前)

    kyou10000 購入
    参考になりました。
    2007/06/30 9:38 (9年5ヶ月前)

    yodachman 購入
    参考になりました
    2007/07/10 11:50 (9年5ヶ月前)

    labra_m 購入
    大変参考になりました。ありがとうございました。
    2007/08/05 11:04 (9年4ヶ月前)

    ハルカ 購入
    参考になりました。
    2007/09/07 10:16 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。