適応・不適応の心理的機制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,562
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」
     欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかった時に、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる規制、あるいは適応への努力を「適応機制」という。
     その「適応機制」について主なものを挙げ、それらから引き起こされる特徴的行動について説明する。
     1点目は「抑圧」である。心的エネルギーをそのまま発散させると、不安や破局を起こすおそれがある時、自我がそのような不安や破局を起こしそうな衝動やそれに結びついた観念や感情を無意識の中に押し込める働きをいう。このように「抑圧」された衝動や感情はもつれ合って、「コンプレックス」を形成する。「コンプレックス」は無意識の中に存在し続け、時として本人が明確に意識しないままに、行動に影響を及ぼし、例えば、言い間違いやど忘れといった失錯行為を招いたり、また、夢にも現れ、さらには神経症の症状を形成することもある。
     2点目は「合理化」である。自己の劣弱を認めると不安や破局に陥るような時に、責任を他人に転嫁したり、正当化するような理由づけを行って自分を守ろうとする機制である。自分がとれないブドウを、酸っぱくてまずいと言い訳するイソップ物語の“酸っぱいブドウ”はこの例である。日常生活で、他人と対人関係がうまく結べない時に、相手のせいにして、自分を正当化するなど、その例は多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」
     欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかった時に、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる規制、あるいは適応への努力を「適応機制」という。
     その「適応機制」について主なものを挙げ、それらから引き起こされる特徴的行動について説明する。
     1点目は「抑圧」である。心的エネルギーをそのまま発散させると、不安や破局を起こすおそれがある時、自我がそのような不安や破局を起こしそうな衝動やそれに結びついた観念や感情を無意識の中に押し込める働きをいう。このように「抑圧」された衝動や感情はもつれ合って、「コンプレックス」を形成する。「コンプレックス」は無意識の中に存在し続け、時として本人が明確に意識しないままに、行動に影響を及ぼし、例えば、言い間違いやど忘れといった失錯行為を招いたり、また、夢にも現れ、さらには神経症の症状を形成することもある。
     2点目は「合理化」である。自己の劣弱を認めると不安や破局に陥るような時に、責任を他人に転嫁したり、正当化するような理由づけを行って自分を守ろうとする機制である。自分が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。