戦後の同和教育史を概括

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,194
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。」
     「21世紀は人権の世紀である」と言われながら、この世の中にはまだまだ人権侵害、差別現象が多く残されている。その中の同和問題においても、多くの課題が山積みとなっている。今日では制度や権利における差別は減少してはいるものの、未だに心理的な差別は根強く存在している。差別は悪いことだという認識はあっても、それだけでは差別がなくならないのが現状ではないだろうか。同和教育は同和問題や差別の解決に向けた教育活動として、現実に起こっている問題を伝え、人権文化の創造を目指して実践を積み重ねてきているのである。確かな人権教育を実践していくためにも、同和教育を各学校において正しく学習していくことが同和問題や差別の解決へとつながるのである。
     戦後、「国民主権・平和主義・基本的人権の尊重」を三大原則とした日本国憲法が施行された。政府は被差別部落の人々が差別されないという理念を明文化している。しかしながら、現実には戦前から続く被差別部落の「貧困と差別の悪循環」を断ち切るための方策が、政府の自発的な取り組みとして実施されなかったのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。」
     「21世紀は人権の世紀である」と言われながら、この世の中にはまだまだ人権侵害、差別現象が多く残されている。その中の同和問題においても、多くの課題が山積みとなっている。今日では制度や権利における差別は減少してはいるものの、未だに心理的な差別は根強く存在している。差別は悪いことだという認識はあっても、それだけでは差別がなくならないのが現状ではないだろうか。同和教育は同和問題や差別の解決に向けた教育活動として、現実に起こっている問題を伝え、人権文化の創造を目指して実践を積み重ねてきているのである。確かな人権教育を実践していくためにも、同和教育を各学校において正しく学習していくことが同和問題や差別の解決へとつながるのである。
     戦後、「国民主権・平和主義・基本的人権の尊重」を三大原則とした日本国憲法が施行された。政府は被差別部落の人々が差別されないという理念を明文化している。しかしながら、現実には戦前から続く被差別部落の「貧困と差別の悪循環」を断ち切るための方策が、政府の自発的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。