生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きている

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,258
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。」
     地球上において陸上、土壌中、そして水中等のいずれにも同種または異種の生物が多く集まって生きている。そしてこれらの生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていく。その間、周囲をとりまいているいろいろな条件に支配され、その環境に適応したものが生き残る。そして同時に生物自体もそれらの条件に作用するのである。
     生物が生活するためにはいろいろと多くの環境要因が関係しており、これらの要因の一定の限度内で生存している。しかし、一方で生物体の構造や機能を変えることにより環境の変化に対応する場合もある。例えば生物が生存するのには厳しい条件である砂漠においてサボテンなどの植物が生存しているのは、地下部の発達がよく、高い浸透圧を示し、吸水力や保水力に優れているからである。生物が本来の姿、性質に基づきながら、その環境に調和して生活したり、種族を維持する状態を適応という。生物の適応能力は種によって異なるが、各々の条件に多くの種類の生物が生活しているのはその環境に適応する能力を持っているからである。環境の変化に適応しない場合は生き残ることはできないのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。」
     地球上において陸上、土壌中、そして水中等のいずれにも同種または異種の生物が多く集まって生きている。そしてこれらの生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていく。その間、周囲をとりまいているいろいろな条件に支配され、その環境に適応したものが生き残る。そして同時に生物自体もそれらの条件に作用するのである。
     生物が生活するためにはいろいろと多くの環境要因が関係しており、これらの要因の一定の限度内で生存している。しかし、一方で生物体の構造や機能を変えることにより環境の変化に対応する場合もある。例えば生物が生存するのには厳しい条件である砂漠においてサボテンなどの植物が生存しているのは、地下部の発達がよく、高い浸透圧を示し、吸水力や保水力に優れているからである。生物が本来の姿、性質に基づきながら、その環境に調和して生活したり、種族を維持する状態を適応という。生物の適応能力は種によって異なるが、各々の条件に多くの種類の生物が生活しているのはその環境に適応する能力を持って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。