「やまなし」の教材研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,267
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。」
    Ⅰ.はじめに
     「やまなし」は、宮沢賢治の独特な造語や比喩表現などが駆使された、象徴的、幻想的な作品である。この作品は1924年4月8日付「岩手毎日新聞」に発表された。「童話的構図」および「花鳥童話集」中の一遍である。
     不思議だけれど何か心ひかれるような、そして、初めて聞くのになぜか昔から知っているような気持ちを抱かせる宮沢賢治の童話の魅力を存分にもつ作品である。そして、言葉一つ一つからいろいろな想像が広がって、場面の情景や登場人物の様子などを豊かに想像することが可能で、児童にはぜひ読ませたい作品である。
     
    Ⅱ.特徴的な造語や比喩表現
     「やまなし」を読むと「クラムポン」「イサド」などの賢治独特の造語や、「かぷかぷ」「もかもか」などの賢治ならではの擬音語や擬態語、そして数々の比喩表現など、印象に残る言葉が数多く見られることがわかる。それらの言葉を音声化すると言葉の響きや言葉のリズムはとても楽しく感じられるのである。このリズム的に感じられることが、読む人の中で想像がふくらみ、まるで目の前にその情景がうかぶかのように視覚的に言葉を捉えることができるのではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。」
    Ⅰ.はじめに
     「やまなし」は、宮沢賢治の独特な造語や比喩表現などが駆使された、象徴的、幻想的な作品である。この作品は1924年4月8日付「岩手毎日新聞」に発表された。「童話的構図」および「花鳥童話集」中の一遍である。
     不思議だけれど何か心ひかれるような、そして、初めて聞くのになぜか昔から知っているような気持ちを抱かせる宮沢賢治の童話の魅力を存分にもつ作品である。そして、言葉一つ一つからいろいろな想像が広がって、場面の情景や登場人物の様子などを豊かに想像することが可能で、児童にはぜひ読ませたい作品である。
     
    Ⅱ.特徴的な造語や比喩表現
     「やまなし」を読むと「クラムポン」「イサド」などの賢治独特の造語や、「かぷかぷ」「もかもか」などの賢治ならではの擬音語や擬態語、そして数々の比喩表現など、印象に残る言葉が数多く見られることがわかる。それらの言葉を音声化すると言葉の響きや言葉のリズムはとても楽しく感じられるのである。このリズム的に感じられることが、読む人の中で想像がふくらみ、まるで目の前..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。