現代の道徳教育の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数526
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「現代の道徳教育の課題について述べよ。」
     道徳とは、広辞苑では「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」と述べられている。このような道徳を子ども達にどのように教えるのか。社会において望ましいと考えられている価値観や価値体系に基づく知識や行動様式・生活態度の形成を目指す教育こそが道徳教育なのである。また、道徳教育は学校教育活動におけるあらゆる機会、あらゆる場所において実現することを求められており、非常に重要な教育とされている。社会規範である道徳教育は、子ども一人ひとりが幸福になることを前提として、個々の豊かな能力や才能を見つけて伸ばすためにも行わなければならない教育であるといえる。
     今日の教育目的となりつつあるのは、「生きる力」の育むということである。「生きる力」とは確かな学力・豊かな人間性・健康や体力の3つの能力からなる「全人的な力」であり、「人間としての実践的な力」(知・徳・体のバランスのとれた力)であり、「生きていくための『知恵』」である。それらが調和して発達していくには、道徳教育はなくてはならないものなのである。しかしながら、「生きる力」を育むための今日の教育において、道徳教育にはいくつかの課題が含まれているのも事実である。これらの課題について考察していきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の道徳教育の課題について述べよ。」
     道徳とは、広辞苑では「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」と述べられている。このような道徳を子ども達にどのように教えるのか。社会において望ましいと考えられている価値観や価値体系に基づく知識や行動様式・生活態度の形成を目指す教育こそが道徳教育なのである。また、道徳教育は学校教育活動におけるあらゆる機会、あらゆる場所において実現することを求められており、非常に重要な教育とされている。社会規範である道徳教育は、子ども一人ひとりが幸福になることを前提として、個々の豊かな能力や才能を見つけて伸ばすためにも行わなければならない教育であるといえる。
     今日の教育目的となりつつあるのは、「生きる力」の育むということである。「生きる力」とは確かな学力・豊かな人間性・健康や体力の3つの能力からなる「全人的な力」であり、「人間としての実践的な力」(知・徳・体のバランスのとれた力)であり、「生きていくための『..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。