乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,048
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    発達心理学。
    エリクソンの発達課題を中心としたレポート。
    8ページ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ」
    人間が成長していく過程のことを「発達」という言葉を用いる場合がある。そもそも発達とは、一般的に「肉体や精神が成長して、より完全な形態や機能を持つようになること」または、「進歩・発展してより高度の段階に進むこと、規模が拡大すること」とされている。しかしながら、発達心理学でいうところの発達の概念としては、広義に「生まれてから死に至るまでの人間の心身の変化、行動の進化の過程を理解すること」と解釈することができる。
     人間の一生はいくつかの段階に分けられる。各段階における発達にはそれぞれ特徴や課題があり、人間はその発達課題を解決(クリア)していくことにより次の発達段階へと進んでいく。それらの発達は自助努力や他者・社会(外界)との関わりといった中で進行していく。とりわけ他者・外界との関係は重要である。
    以下からは、エリクソンの発達段階説を例に、各段階における発達の特徴とそれに伴う課題(問題)を述べていく。エリクソンは人間の一生を8つの段階に分け、段階ごとに特徴があり、1つの段階から次の段階へ進むごとに、人は心理的な危機(課題)に直面するとした..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。