人格の形成に及ぼす環境要因とその役割について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,121
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート心理学人格環境人間関係

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    「人格の形成に及ぼす環境要因とその役割をのべなさい。」
    パーソナリティーとはどんなものであろうか。普段はなかなか聞きなれない言葉でだが日本語にして人格と訳すことのできるこの言葉は日常の中ではなかなか使われない。だからなのだろうか、哲学や統計学などの学問によって多種多様の意味がこめられている。心理学の中でもとても広い意味が存在する言葉になっているが、特に人格とはその個人の思考や行動を特徴付けている一貫性と持続性を持った心身の統一的な体制のことと定義されている。この定義から二つの見解が心理学の中ではとおされている。
    人格という言葉の見解のひとつには、相手にどんな人として受け取られるかという、社会的効果を示すものだ。つまりあの人は自分のことをどう思っているとか、また別の人は自分のことをどう思っているとかという風に他人が自分のことをどのように思うかをあらわしたものを人格とするということだ。たとえば、自分が街中を歩いていて、誰かが自分を見たとき、その人が感じる自分の印象も人格として考えることができる。
    人格という言葉の見解のもうひとつには、その人らしい振る舞い方、行動の仕方、考え方があり、その人のうちにある一貫した持続的な傾向をさすものを表現しているものがある。私たちがその人なりの独自の行動傾向を知っていたら、私たちはその人の行動をある程度は予測できるし、推測することができるだろう。例を使って説明しよう。たとえば、だれかがハンカチを落としたのを見たときにハンカチを拾ってあげようと毎回のように思えばそれはその人の人格とすることができる。仮にそのハンカチをその人が拾おうとしたとする。その一回の行動でその人の人格を定めることはできないが、それが何回か持続すればその人の人格とすることができる。
    このため人格というのは人によってさまざまな形となることが理解できると思われる。テレビで野球の試合のチャンネルをつけたとする。このときにつまらないから別のチャンネルに回したり、面白そうだから続けたり、子供だったらどんなルールがあるのだろうと思ったりする。それが他人にはどのようにして見えるかもすべて違う。ではこの違いはどのようにして生まれているのだろうか。
    ここで話をいったん別の話題にしよう。勉強という言葉は皆さんご存知だろう。心理学の中では学習という項目に分類されるのだが、これは誰かが何らかの「刺激」をもらってそれを「記憶」してそして「反応」をすることを示す言葉である。たとえば、子供がお母さんから言葉を受けて、それを頭の中でインプットして言葉をしゃべるというのがひとつの例であげられる。つまり、赤ちゃんという誰かが母親からの言葉という刺激を通して、言葉をしゃべるという反応に行き着くわけである。
    有名な実験の中で、パブロフの犬の実験がある。これはある犬が、ベルを鳴らすと同時に食べ物を見せるという刺激を与えて、それを食べようとするために唾液を出すことを持続的に意識させてそれを覚えさせると、食べ物を見せるだけでよかったものがだんだんとベルを鳴らすだけで唾液を出させることができるようになる。最終的にこの犬はベルを鳴らすだけで唾液を分泌することができるようになった。この実験から、この犬のパーソナリティーはベルを鳴らすだけで唾液を出すことができるようになってしまったということがいえるのではないであろうか。もともとあった、食べ物を見ただけで唾液を出すというのは実験者のよってゆがめられたということになる。この犬はもともと食べ物を見ると唾液を出すという人格を持っていたのに別の刺激を断続的に与えら

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格の形成に及ぼす環境要因とその役割をのべなさい。」
    パーソナリティーとはどんなものであろうか。普段はなかなか聞きなれない言葉でだが日本語にして人格と訳すことのできるこの言葉は日常の中ではなかなか使われない。だからなのだろうか、哲学や統計学などの学問によって多種多様の意味がこめられている。心理学の中でもとても広い意味が存在する言葉になっているが、特に人格とはその個人の思考や行動を特徴付けている一貫性と持続性を持った心身の統一的な体制のことと定義されている。この定義から二つの見解が心理学の中ではとおされている。
    人格という言葉の見解のひとつには、相手にどんな人として受け取られるかという、社会的効果を示すものだ。つまりあの人は自分のことをどう思っているとか、また別の人は自分のことをどう思っているとかという風に他人が自分のことをどのように思うかをあらわしたものを人格とするということだ。たとえば、自分が街中を歩いていて、誰かが自分を見たとき、その人が感じる自分の印象も人格として考えることができる。
    人格という言葉の見解のもうひとつには、その人らしい振る舞い方、行動の仕方、考え方があり、その人..

    コメント2件

    uttanbo 購入
    参考になりました
    2007/03/24 1:02 (9年8ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/05/06 4:41 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。