商学総論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数738
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商学総論レポート
    流通機構を改善するならば流通に関わっているすべての機関が、変わっていかなければいけないと思います。消費者である私たちからすれば、いかに良い商品を安く、効率よく買えるかが焦点になってくると思います。今大体の物が手元に届くまでには、生産者、卸売商、小売商、消費者という過程をたどってきていると思います。生産者からそのまま消費者へ商品を渡す事ができれば、素早くそして安く商品を手に入れることが可能だと思います。最近ではインターネットなどで、野菜を作った農家から直接商品を買うことも出来るようになっています。このようになれば余計な仲介が無いわけなので、仲介手数料などが除かれ安く手元に商品がくることになると思います。
    しかしすべての物が生産者から消費者の元へいく事が出来るとは限りません。また消費者側もすべての物を生産者から買うとなると、品物を探す手間や余計な送料、交通費がかかる事になります。生産者というものはその品物を作る人なので、生産者という機関を不要にすることはできません。生産者を無くしてしまっては流通する品物自体が無くなってしまいます。小売商も消費者からすれば品物が充実しており..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。