ホール効果

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数896
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    電気運動半導体イオン密度

    代表キーワード

    電気ホール効果

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ホール効果 (Hall effect)とは
    定義:p型またはn型の半導体試料において、x方向に電流を流し、y方向に磁場をかける。この時試料を流れている荷電粒子(キャリア)は磁場によるローレンツ力を受けてz方向に動く。これによって電流と磁場の両方に直交する方向に電場(ホール電場)が現れる。この現象がホール効果(Figure 1)である。
    *記号の説明: I:電流、V:電圧、Z:ローレンツ力
    Figure 1. Situation for the Hall effect.
    歴史:1879年、米国の物理学者Edwin Herber Hall(1855-1938)によって発見された。
    ホール角とホール..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。