バイオエタノール (夏休みの課題1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数300
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    定義
    サトウキビやトウモロコシなどのバイオマスを発酵、蒸留して生産されるエタノールを指すのである。
    用途
    ガソリンの代替燃料などに使用される。
    原料
    炭水化物を含む現生生物由来の資源であればよい。しかし、生産効率の面から糖質あるいはデンプン質を多く含む植物資源が選好されており、現在では次のような農産物が原料として最も利用されている。
    糖質原料では、サトウキビ、モラセス、甜菜が、デンプン質原料では、トウモロコシ、ソルガム(モロコシ、こうりゃん)、ジャガイモ、サツマイモ、麦などが主な原料として挙げられる。
    製造プロセス
    大きく分けて2つある。ひとつは、サトウキビを原料とした場合とトウモロコシを原料..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。