今後の教員給与のあり方について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数57
閲覧数1,615
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料2
    今後の教員給与の在り方について
    (答申 (案))
    平成19年 月 日
    中央教育審議会
    目次
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ はじめに 1
    ‥‥‥‥ 第一章 教員給与をはじめとした処遇の在り方についての基本的な考え方 3
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 第二章 教員の校務と学校の組織運営体制の見直し 5
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1.教員の校務と学校事務の見直し 5
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2.学校の組織運営体制の見直し 6
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3.学校の指導体制の充実 7
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 第三章 メリハリある教員給与の在り方 8
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1.優秀な人材の確保 8
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2.教員の給料の見直し 9
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3.教職調整額の見直し 10
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4.諸手当等の見直し 12
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5.教員評価と処遇への反映 13
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 第四章 教員の勤務時間・勤務体系の在り方 15
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1.教員の勤務時間の適正化 15
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2.教員の勤務時間の弾力化 15
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3.部活動に係る勤務体系等の在り方 16
    - 1 -
    はじめに
    中央教育審議会は、平成15年5月の「今後の初等中等教育改革の推進方策に
    ついて」の諮問を受け、学校教育に係る諸制度の在り方について審議を進めてき
    た。また、平成18年6月に公布・施行された「簡素で効率的な政府を実現する
    ための行政改革の推進に関する法律(行革推進法 」第56条第3項において、)
    「政府は、学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材
    確保に関する特別措置法の廃止を含めた見直しその他公立学校の教職員の給与の
    在り方に関する検討を行い、平成18年度中に結論を得て、平成20年4月を目
    途に必要な措置を講ずるものとする」とされた。これを受け、公立学校の教職員
    の給与の在り方について専門的な調査審議を行うため、平成18年7月、中央教
    育審議会初等中等教育分科会の下に、教職員給与の在り方に関するワーキンググ
    ループが設置された。
    教職員給与の在り方に関するワーキンググループでは、都道府県・市町村の教
    育長協議会、小学校・中学校・高等学校の関係者、PTA団体、教職員団体など
    からのヒアリングを行い、公立学校の「教員勤務実態調査」暫定集計、教員の職
    務や給与評価制度等に関する「教員意識調査 ・ 保護者意識調査 「諸外国の」「 」、
    」 、 、 教員給与に関する調査 の結果などを踏まえつつ 公立学校の教員給与の在り方
    教員の校務と学校事務の見直し、学校の組織運営体制の見直し、教員の勤務時間
    の弾力化等について、幅広い観点から審議を行ってきた。これらの広範な審議を
    踏まえ、このほど本答申をとりまとめたものである。
    本答申は、全体を四章構成としている。第一章においては、学校や教員を取り
    巻く環境の変化を踏まえて、教員給与をはじめとした処遇の在り方についての基
    本的な考え方を提唱した。これを踏まえ、第二章において、教員が子どもたち

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    資料2
    今後の教員給与の在り方について
    (答申 (案))
    平成19年 月 日
    中央教育審議会
    目次
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ はじめに 1
    ‥‥‥‥ 第一章 教員給与をはじめとした処遇の在り方についての基本的な考え方 3
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 第二章 教員の校務と学校の組織運営体制の見直し 5
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1.教員の校務と学校事務の見直し 5
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2.学校の組織運営体制の見直し 6
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3.学校の指導体制の充実 7
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 第三章 メリハリある教員給与の在り方 8
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1.優秀な人材の確保 8
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2.教員の給料の見直し 9
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3.教職調整額の見直し 10
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4.諸手当等の見直し 12..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。