エコ・エコノミー

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数440
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第 2 回 レスター・ブラウン(1934 ~ ) 『エコ・エコノミー』 翻訳2002 年、家の光協会
    原著 "Eco-Economy : Building an Economy for the Earth "
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    目次
    1 「経済と地球」についてのコペルニクス的転回
    2 ストレスの兆候:気候と水
    3 ストレスの兆候:生物基盤
    4 人類の挑戦:エコ・エコノミー
    5 ソーラー/水素型エネルギーを構築する
    6 新しいマテリアル経済を設計する
    7 全人類の食料供給を確保する
    8 森林の生産機能とサービス機能を守る
    9 健康で暮らしやすい都市にする
    10 地球規模の家族計画で人口を安定させる
    11 経済改革を実行する政策手段
    12 エコ・エコノミーへ、改革の最後のチャンス
    第1章 「経済と地球」についてのコペルニクス的転回
    1. 16Cにコペルニクスが発表した地動説のような世界観の根本的転換が、経済と自然システムとの関係にお
    いて必要である
    2. 経済が自然システムと衝突している証拠は、漁場の崩壊、森林減少、土壌浸食、放牧地の劣化、砂漠化、
    二酸化炭素濃度の上昇、地下水位の低下、気温上昇、頻発する破壊的な暴風雨、氷河の融解、海面上
    昇、珊瑚礁の死滅、生物種の消失などである
    3. 1950 年までの400 万年とそれ以降の 50 年では人口増は後者の方が大きい
    4. 地球の大きさに対して人口が少なかった時代には人工資本が乏しかったが、人間活動が拡大するにつれ
    自然資本が劣化し、自然資本維持が急速に重要となっている
    5. 政治家、企業、銀行、消費者は、経済的決定において市場のシグナル(価格)に導かれているだけである
    6. 市場のシグナル(価格)には、環境負荷コストはあまり入っていない
    7. こうした状況を是正するために、環境学者と経済学者が気候攪乱、酸性雨、大気汚染のコストを計算し、
    その数値をもとに税を現行価格に加え、価格が環境負荷コストを反映するようにすべきである。
    8. 生態系の維持可能収量、扶養可能能力、栄養循環、水門循環、気候システムなどの生態学的概念を理
    解した経済を設計しなければならない。自然はモノよりも高い価値をもつ機能を提供していることを認識し
    なければならない。
    第2章 ストレスの兆候:気候と水
    9. 大気中の二酸化炭素濃度は 1760 年 280ppm 、1960 年 316ppm 、2000 年 370ppm
    10. 原因は化石燃料の燃焼と森林の減少による。世界の炭素排出量は 1950 年:15 億トン、2000 年 63 億ト
    ン。
    11. 山岳地帯の平均気温が 1~2 度上昇すると雨として降る割合が増加し、雪として降る割合が減少する。雨
    1
    期の洪水が増え、乾期の雪解け水が減る。
    12. 20 世紀に海面は 10~20cm 上昇,もし1m上昇すると上海市の1/3以上が水没し,アジアで数百万人の
    気候難民を生み出す
    13. 河川の枯渇,帯水層の過剰揚水→人口増加を抑え、水生産性を高めなければならない
    第3章 ストレスの兆候:生物基盤
    14. 乱獲で崩壊する世界の漁場、減少する森林→土壌浸食、種の絶滅、大洪水、砂嵐、
    過放牧で劣化する放牧地→砂漠化
    15. 異変の相乗作用:雪と氷が溶けると土壌が日光を吸収⇔気温上昇
    16. 中国北西部の降水量の減少の主要原因は南東部の森林減少。アマゾンの雨林伐

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 2 回 レスター・ブラウン(1934 ~ ) 『エコ・エコノミー』 翻訳2002 年、家の光協会
    原著 "Eco-Economy : Building an Economy for the Earth "
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    目次
    1 「経済と地球」についてのコペルニクス的転回
    2 ストレスの兆候:気候と水
    3 ストレスの兆候:生物基盤
    4 人類の挑戦:エコ・エコノミー
    5 ソーラー/水素型エネルギーを構築する
    6 新しいマテリアル経済を設計する
    7 全人類の食料供給を確保する
    8 森林の生産機能とサービス機能を守る
    9 健康で暮らしやすい都市にする
    10 地球規模の家族計画で人口を安定させる
    11 経済改革を実行する政策手段
    12 エコ・エコノミーへ、改革の最後のチャンス
    第1章 「経済と地球」についてのコペルニクス的転回
    1. 16Cにコペルニクスが発表した地動説のような世界観の根本的転換が、経済と自然システムとの関係にお
    いて必要である
    2. 経済が自然システムと衝突している証拠は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。