産業資本主義のダイナミック

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数650
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第 4 回 Alfred Chandler (チャンドラー) (1918 - )
    『スケール アンド スコープ - 産業資本主義のダイナミック』原著 1990 年
    安部悦生他訳 1993 年、有斐閣
    その 1
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    アルフレッド・チャンドラー:アメリカ経営史
    <目次>
    第Ⅰ部 序論:規模と範囲
    第1章 近代産業企業
    第2章 規模・範囲・組織能力
    第Ⅱ部 競争的経営者資本主義
    第3章 アメリカ産業における経営者資本主義の成立条件
    第4章 組織能力の創出:垂直統合と寡占競争
    第5章 組織能力の拡大:食品および化学製品企業における対外投資と製品多角化
    第6章 組織能力の拡大:機械産業における対外投資と製品多角化
    第Ⅲ部 イギリス
    第7章 イギリス産業における個人資本主義への根強い執着
    第8章 組織能力の創造:安定産業における成功と失敗
    第9章 組織能力の創造:ダイナミックな産業における成功と失敗
    第Ⅳ部 ドイツ:協調的経営者資本主義
    第10章 における経営者資本主義の基礎
    第11章 の創造:「小産業」
    第12章 の創造:「大産業」
    第13章 :「小産業」の回復
    第14章 「大産業」における回復
    結論 産業資本主義のダイナミック
    <本書の課題>
    Ⅰ 1880 年代から1940 年代の 60 年間、アメリカ、イギリス、ドイツの企業の進化を比較
    →「どのようの行動した企業が勝ち組となったか」 を明らかにする。
    Ⅱ 企業の創造と成長に関する理論を構成するキーワード(決定的に大事な要素)を明らかにすること
    (その1)
    < Ⅰ部、Ⅱ部のキーワード>
    組織能力、意思決定、業務単位、規模の経済、範囲の経済、最小効率規模、最適規模、三つ又投資、通量
    (flows流量)、一番手企業、最高経営者の仕事、
    < Ⅰ部、Ⅱ部におけるチャンドラーの主張>
    1 製造業大企業が近代産業企業の原型→製造業大企業を本書の主な対象とする
    2 19 世紀末第2次産業革命=輸送・通信システムが新しくなった→大量輸送が可能になった→それをコスト低
    下と結びつけるには一定量以上の製品量を流通網に安定的に流し続ける必要
    1
    3 大企業になるための必要条件
    ① 規模の経済と範囲の経済(後述)を十分利用するため→生産設備に大規模投資
    ② 新しい生産量に販売量を対応させるため→マーケティング、流通網への投資
    ③ 仕事の監視・調整・将来計画を立案する経営者採用・訓練→マネジメントへの投資
    これを最初に実行した企業がその産業の一番手企業になる
    4 競争は、価格競争だけでなく、市場シェア、利益を巡る競争
    5 職能的競争(製品、製法、マーケティング、購買、労使関係)
    6 戦略的競争(成長市場へ素早く進出、衰退市場から効率的に撤退)
    7 これらの競争によって組織能力がつく
    2
    < 出所> 12 ページ
    8 大企業は、ほとんど所有者個人ではなく、経営者によって意思決定される「経営者資本主義」になった
    9 大企業は、異なる業務単位(工場、購買、販売、研究部門、財務、輸送)をもつ
    10 これらの業務単位はミドルレベル経営者が運営、最高経営者はミドルレベル経営者の業績評価、長期的な企
    業戦略を立案して、それに対応した資金・設備・人材の配分を行うことが仕事
    11 コストを切り下げる方法
    ① 規模(scale)の経済=単一製品の生産と流通の規模拡大→1単位当

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 4 回 Alfred Chandler (チャンドラー) (1918 - )
    『スケール アンド スコープ - 産業資本主義のダイナミック』原著 1990 年
    安部悦生他訳 1993 年、有斐閣
    その 1
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    アルフレッド・チャンドラー:アメリカ経営史
    <目次>
    第Ⅰ部 序論:規模と範囲
    第1章 近代産業企業
    第2章 規模・範囲・組織能力
    第Ⅱ部 競争的経営者資本主義
    第3章 アメリカ産業における経営者資本主義の成立条件
    第4章 組織能力の創出:垂直統合と寡占競争
    第5章 組織能力の拡大:食品および化学製品企業における対外投資と製品多角化
    第6章 組織能力の拡大:機械産業における対外投資と製品多角化
    第Ⅲ部 イギリス
    第7章 イギリス産業における個人資本主義への根強い執着
    第8章 組織能力の創造:安定産業における成功と失敗
    第9章 組織能力の創造:ダイナミックな産業における成功と失敗
    第Ⅳ部 ドイツ:協調的経営者資本主義
    第10章 における経営者資本主義の基礎
    第1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。