第二の産業分水嶺

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数15
閲覧数1,267
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第 5 回 マイケル・J・ピオリ( 1940 -)/チャールズ・F・セーブル (1947 -)
    THE SECOND I NDUSTRIAL DIVIDE 1984 年
    『第二の産業分水嶺』山之内靖他訳 1993 年
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    マイケル・J・ピオリ 労働経済論 MIT 教授
    `ƒ[‹YEeEZ[u‹ - ¡w MIT教授
    大量生産体制=巨大企業の成立が現代経済を有効に機能させていると見るチャンドラーに対して、ピオ
    リとセーブルは規格化され、画一化された大量生産品市場の欠陥を論じ、大量生産体制に代わるものと
    して「柔軟な専門化体制」を対置する。それを可能にする環境として、技術の伝承を保証する地域産業
    コミュニティーを育てなければならないことを強調する。
    <目次>
    第1章 序論
    第2章 大量生産体制-宿命かつ盲目的な選択
    第3章 巨大株式企業
    第4章 経済の安定化
    第5章 グローバルな視点・ミクロの視点
    第6章 保存された諸事例-アメリカ以外の諸国における大量生産体制とクラフト的生産体制
    第7章 大量生産体制の危機
    第8章 危機に対する企業の反応
    第9章 歴史、現実、および各国の戦略
    第10章 繁栄の条件-ケインズ主義の国際化と柔軟な専門化
    第11章 アメリカと柔軟な専門化
    (その1)
    第1章 序論
    1 大量生産体制が製造業の全分野を制覇している。失業問題や経済の低成長などほとんどの先進国
    が慢性的に悩まされている問題は、解決されないまま残されている。時代は病んでいる。
    2 その原因は、先進国の経済に内在する問題である。経済活動の衰退は、大量生産体制に基づく産
    業発展モデルの限界によって引き起こされた。
    3 「大量生産体制」とは、特定製品だけを加工する機械を使用して、画一的製品しか生産できない半
    熟練工の労働をさしている。
    4 既存の経済体制が突き当たっている第一の危機とは、生産と消費の釣り合いを確保することが困難
    になったこと、すなわち生産と消費を結びつけている制度的回路の調整機能の危機である。第二の
    危機は、技術選択そのもの、すなわち大量生産技術の限界である。
    5 新古典派(リベラル派)の議論は、経済停滞の原因は経済に対する国家の介入にある、市場におけ
    る自由競争こそ、資源(資金・労働を含む)の適切な配分をもたらすはずである、しかし大衆の政治
    参加は国家財政への過大な要求となる、と考える。
    →大衆の要求する福祉政策と国家のマクロ経済コントロールの両者は、市場を麻痺させる。政治介
    1
    入から企業を守るなら、企業間の自由競争が行われ、経済停滞はなかった。政治の力で経済再建は
    果たせない。市場的資本主義と政治的民主主義の両者は矛盾するので、前者を尊重すべきである
    というのが新古典派の考え方である。(10-11p) しかし、これははじめから経済停滞の原因を国家と
    経済の関係に限定してしまっている。
    6 我々が、考えるべき事柄は、
    ① ある特殊な技術が工業生産を規定するようになったのはなぜか?
    ② その技術選択を放置しておくとどのような調整の危機が起こるか?
    ③ 現在進行中の経済的不安定性をきっかけとして、技術選択のオールタナティブは可能か?
    ④ アメリカが他国に先駆けて大量生産体制のある特異な型を伸張させたのはなぜか?
    ⑤ 他国はアメリカから影響をうけ、アメリカに追随するにいたったのはなぜか?
    ⑥ 各国によって異なる大量

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 5 回 マイケル・J・ピオリ( 1940 -)/チャールズ・F・セーブル (1947 -)
    THE SECOND I NDUSTRIAL DIVIDE 1984 年
    『第二の産業分水嶺』山之内靖他訳 1993 年
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    マイケル・J・ピオリ 労働経済論 MIT 教授
    `ƒ[‹YEeEZ[u‹ - ¡w MIT教授
    大量生産体制=巨大企業の成立が現代経済を有効に機能させていると見るチャンドラーに対して、ピオ
    リとセーブルは規格化され、画一化された大量生産品市場の欠陥を論じ、大量生産体制に代わるものと
    して「柔軟な専門化体制」を対置する。それを可能にする環境として、技術の伝承を保証する地域産業
    コミュニティーを育てなければならないことを強調する。
    <目次>
    第1章 序論
    第2章 大量生産体制-宿命かつ盲目的な選択
    第3章 巨大株式企業
    第4章 経済の安定化
    第5章 グローバルな視点・ミクロの視点
    第6章 保存された諸事例-アメリカ以外の諸国における大量生産体制とクラフト的生産体制
    第7..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。