プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数2,506
ダウンロード数94
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第 3 回 Max W eber (マックス・ウェーバー) (1864-1920 )
    『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』1905 年
    梶山力訳 1938 年、大塚久雄訳 1988 年
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    マックス・ウェーバー:、法制史家、経済史家、経済学者、社会学者、哲学者。
    近代の政治、経済、法、倫理、芸術、社会生活、宗教等のあらゆる文化領域を貫く原理を探そうとした。
    →西欧文明は世界史上唯一無二の独自性を持つ合理主義=古代・中世の西洋や東洋とは異なる点
    →それを実現したのは職業人の倫理(Berufsmensch)
    →職業人の倫理は宗教=プロテスタンティズムのエトス〈世俗内禁欲 innerweltliche Askese〉に由来→プロテスタンテ
    ィズムは合理的経済行動の推進力である
    ウェーバーの近代市民社会論は日本の戦後改革を思想的にリードした東京大学の三教授=政治学の丸山真男、法
    社会学の川島武宜、経済史の大塚久雄に対して大きな影響を与え、その影響は彼らの門下生を通じて社会科学学界
    に波及的に広がった。
    <目次>
    第1章 問題
    一 信仰と社会層分化
    二 資本主義の「精神」
    三 ルッター天職概念-研究課題
    第2章 禁欲的プロテスタンティズムの天職倫理
    一 世俗内的禁欲の宗教的基盤
    二 禁欲と資本主義精神
    第1章 問題
    一 信仰と社会的文化
    1 <信仰と職業>ドイツの住民達の間で、カトリックとプロテスタントの信仰の違いと職業の違いに相関関係があ
    る。前者は親方職人をめざし、教育は教養課程中心の高等学校が多く、後者は近代的工場の熟練労働者上
    層や工業経営の幹部をめざし、教育は実業高等学校など近代的な技術修得や商工業を職業とするための
    準備教育を選択する。(8-12)
    2 <生活態度>民族的・政治的少数者は政治的に有力になれないので、営利事業に向かうことが通例である
    が、カトリック教徒はドイツでもオランダ、イギリスでも顕著な経済発展を遂げるのを見たことがない。経済的合
    理主義とは縁がない。それに対してプロテスタントは支配的社会層であっても、なかっても経済的合理主義的
    な生活態度である。生活態度の相違は、主として内面的信仰の特質にもとめられるべきで、外面的な歴史的
    政治的状況だけに求めることはできない。(14)
    3 <違いについての表面的な見方>カトリック、プロテスタントともカトリックは比較的「非現世的」、禁欲的と見
    て、その上でプロテスタントはカトリックの禁欲的理想を批判し、カトリックはプロテスタントの「唯物主義」を批
    判する。(16)
    4 <実際は>イギリス、オランダ、アメリカのピュウリタンたちは、禁欲的な生活をしていた。フランスのカルヴァン
    派は真面目で宗教的に謹厳であり、しかもフランス工業の資本主義的発展の重要な担い手であった。フラン
    スのカトリック教徒の上層は宗教を敵視し、下層は非常に享楽的であった。(17)
    5 <信仰と営利生活>禁欲的で信仰に熱心であることと、資本主義的営利事業に携わることは対立しないし、
    むしろ内面的に親和関係にあると考えるべき。(18)
    1
    二 資本主義の「精神」
    6 <ベンジャミン・フランクリンの言葉>
    「● 時間は貨幣だということを忘れてはならない。一日の労働で 10 シリング儲けられるのに、外出したり、室内で
    怠けて半日を過ごすとすれば、娯楽のためにたとえ6 ペンスしか支払っていないとして

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 3 回 Max W eber (マックス・ウェーバー) (1864-1920 )
    『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』1905 年
    梶山力訳 1938 年、大塚久雄訳 1988 年
    「社会科学の名著を読むⅠ」三重大学人文学部 2003 年度特殊講義B 櫻谷勝美
    マックス・ウェーバー:、法制史家、経済史家、経済学者、社会学者、哲学者。
    近代の政治、経済、法、倫理、芸術、社会生活、宗教等のあらゆる文化領域を貫く原理を探そうとした。
    →西欧文明は世界史上唯一無二の独自性を持つ合理主義=古代・中世の西洋や東洋とは異なる点
    →それを実現したのは職業人の倫理(Berufsmensch)
    →職業人の倫理は宗教=プロテスタンティズムのエトス〈世俗内禁欲 innerweltliche Askese〉に由来→プロテスタンテ
    ィズムは合理的経済行動の推進力である
    ウェーバーの近代市民社会論は日本の戦後改革を思想的にリードした東京大学の三教授=政治学の丸山真男、法
    社会学の川島武宜、経済史の大塚久雄に対して大きな影響を与え、その影響は彼らの門下生を通じて社会科学学界
    に波及的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。