団塊世代の退職とその影響

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数256
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ●図表 1 企業規模別にみた団塊世代比率
    (注)1.産業別労働者のデータは5歳刻みでしかないため、団塊世代の構成比が
        全産業で同じとして算出。   2.企業規模区分は雇用者数ベース。(資料)総務省「国勢調査」(2000年)、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(2000年)(%)0
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    非製造業 製造業
    大企業
    中小企業
    中堅企業
    職者一人当たりの求人数を示す有効求人倍率は、昨
    年12月に1.03倍と1992年8月以来の1倍台を回復し
    た。また、企業の追加的な労働需要を示す新規求人
    数は、既にバブル期を上回り過去最高の水準で推移
    している。
    こうした雇用環境改善の背景には、景気回復による
    人手不足感の強まりに加えて、2007年から本格化する
    「団塊世代の大量退職」(2007年問題)への対応という
    企業側の事情がある。とりわけ雇用者に占める団塊世
    代の比率が高い中小製造業では、労働力の確保とい
    、生産現場における技能継承という点
    で2007年問題への対応が急務となっている(図表1)。
    このような状況のもと、4月から高年齢者の雇用を確
    保する措置(①65歳まで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。