今後の教員養成・免許制度の在り方について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,410
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今後の教員養成・免許制度の在り方について(中教審答申(
    18.7.11
    )のポイント)
    -教員に対する揺るぎない信頼を確立
    するための総合的な改革の推進-
    ◎教職課程の質的水準の向上
    (上記と同じ。)
    ◎教職大学院の設置
    (上記と同じ。)
    ◎採用選考の改善・充実
    ・人物評価の一層の充実 ・教職課程の履修状況の適切な評価 ・採用スケジュール全体の早期化 ・受験年齢制限の緩和・撤廃、民間企業
    経験者や退職教員の活用等、多様な 人材の登用促進 等
    【養成段階】
    教員のライフステ-ジ 【採用段階】
    【現職段階】
    ◎現職研修の改善・充実
    ・10年経験者研修の内容等の見直し
    ◎人事管理の改善・充実
    ・条件附採用制度の厳格な運用や、指導力不足教員に対 する人事管理システムによる分限制度の厳格な適用を一 層推進
    ◎教員評価の推進
    ・一人一人の教員の能力や業績を適正に評価し、その結 果を処遇に適切に反映
    現在、教員に最も求められていることは、広く国民や社会から尊敬と信頼
    を得られる存在となること。養成、採用、研修等の改革を総合的に
    進める必要があるが、
    とりわけ教員養成・免許制度の改革は、他の改革の出発点に
    位置付けられるものであり、重要。
    改革の方向
    ①大学の教職課程を、教員として必要な資質能力を
    確実に身に付けさせるものに改革する。
    ②教員免許状を、教職生活の全体を通じて
    、教員として必要な資質能力を
    確実に保証するものに改革する。
    改革の具体的方策
    1:教職課程の質的水準の向上 2:教職大学院制度の創設 3:教員免許更新制の導入 4:その他
    ◆趣旨
    免許状に有効期限を付し、免許状の取得後も、そ
    の時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に必要な刷新(リニューアル)を図るための制度として、更新制を導入
    ◆免許状の有効期限 10年間
    ◆上進制度
    勤務実績を適切
    に評価する方向で改善
    ◆取上げ事由
    の強化
    分限免職処分を
    受けた者の免許状の取上げを可能とする方向で強化
    改革の重要性
    ・「教職指導」の実施を法令上、明確化
    い指導、助言、援助を充実
    ◆教職課程に係る事後評価機能や認定審査の充実
    是正勧告や認定取消を可能とする仕組みの整備
    ・「教職実践演習(仮称)」の新設・必修化(2単位)
    「使命感や責任感、教育的愛情等を持って、 教科指導、生徒指導等を実践できる資質能 力」を最終的に形成し、確認
    ◆更新の要件を満たさなかった場合、免許状は失効
    (但し、同様の講習の受講により再授与の申請は可能)
    ◆更新要件
    有効期限内に免許更新講習を受講・修了すること (直近2年間で30時間)(講習は、使命感や責任感等をもって指導を実践でき
    る力、その時々で必要な資質能力に刷新(リニューアル)する内容)
    ◆現職教員にも更新制を適用
    免許状に有効期限は付さないが、10年ごとに同様の
    ◆名称 教職大学院
    ◆修業年限
    標準2年
    ◆修了要件
    2年以上在学し、45単位以上修得(10単位以 上は学校における実習)
    ◆教育課程・方法
    ・体系的に開設すべき授業科目の領域(5領域) を定め、すべての領域にわたり授業科目を開設 ・事例研究、フィールドワーク等
    ◆教員組織 実務家教員4割以上
    ◆目的・機能
    ・実践的な指導力を備えた新人教員の養成 ・現職教員を対象に、スクールリーダー(中核的・
    -大学で責任を持って教員として必要な資質能力
    を確実に身に付けさせるための教職課程の改革-
    -より高度な専門性を備えた力量ある教員を養成し、教職
    課程改善のモデルとなる「教職大学院」制度の創設-

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    今後の教員養成・免許制度の在り方について(中教審答申(
    18.7.11
    )のポイント)
    -教員に対する揺るぎない信頼を確立
    するための総合的な改革の推進-
    ◎教職課程の質的水準の向上
    (上記と同じ。)
    ◎教職大学院の設置
    (上記と同じ。)
    ◎採用選考の改善・充実
    ・人物評価の一層の充実 ・教職課程の履修状況の適切な評価 ・採用スケジュール全体の早期化 ・受験年齢制限の緩和・撤廃、民間企業
    経験者や退職教員の活用等、多様な 人材の登用促進 等
    【養成段階】
    教員のライフステ-ジ 【採用段階】
    【現職段階】
    ◎現職研修の改善・充実
    ・10年経験者研修の内容等の見直し
    ◎人事管理の改善・充実
    ・条件附採用制度の厳格な運用や、指導力不足教員に対 する人事管理システムによる分限制度の厳格な適用を一 層推進
    ◎教員評価の推進
    ・一人一人の教員の能力や業績を適正に評価し、その結 果を処遇に適切に反映
    現在、教員に最も求められていることは、広く国民や社会から尊敬と信頼
    を得られる存在となること。養成、採用、研修等の改革を総合的に
    進める必要があるが、
    とりわけ教員養成・免許制度の改革は、他の改革の出発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。