国際紛争と法:シラバス

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数16
閲覧数1,552
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2006 年度後期 神戸大学法学部 国際紛争と法
    神戸大学法学部 2006 年度後期
    国際紛争と法 シラバス
    教授 濵本正太郎
    shotaro@kobe-u.ac.jp
    講義目標
    中央機関による強制執行の存在しない国際法体系において、紛争処理のために法はど
    のような役割を果たしているのか、いないのか。一見する限り法はなんの役にも立ちそ
    うにない国際紛争過程を法の観点から検討することにより、「法」について、また、国
    講義内容
    ま ず 、「紛争の平和的処理」に関する国際法規則・制度を概観する。強制管轄権を持
    つ裁判所も強制執行機関もない国際法は、紛争が生じた場合にどのような処理手続・制
    度を有しているか。紛争処理制度の歴史的展開――これは戦争の法的規制と不可分であ
    続いて、その体系的理解を基に、紛争処理に関する国際法規範が実際にどのような働
    きをするのかについて、3 つの事例を通じて考える。「現場」での国際法の使われ方を
    見ることにより、「体系的」学習だけでは得られない深い理解を得ることを目的とする。
    論を構築するか。それを考えることがここでの内容である。
    教材
    必携2点
    ・ 条約集 1 点 以下のいずれでもよい。
    ・ 『解説条約集』(三省堂)
    ・ 『国際条約集』(有斐閣)
    ・ 『ベーシック条約集』(東信堂)
    ・教科書 1 点 既に持っているものでよい。持っていない受講生には、以下のいずれ
    かを薦める。
    ・松井芳郎ほか『国際法 第 4 版』(有斐閣 Sシリーズ、2002 年)
    第 3 版』(有斐閣、2003 年)
    ・中谷和弘ほか『国際法』 (有斐閣アルマ、2006 年)
    1
    2006 年度後期 神戸大学法学部 国際紛争と法
    この講義は、既に「国際法概論」および/あるいは「国際機構法」を履修した
    学生を念頭に置いて行われる。毎回の講義の予復習範囲に教科書は含めないが、
    教科書の関連する範囲は毎回十分に読み込んでくること。
    参考書1点
    松井芳郎ほか『判例国際法』(東信堂、第 2 版、2006 年)を予復習に用いることを強
    く薦める。
    自習用図書
    参考書(『判例国際法』)のほか、以下の 3 冊は、本講義全般に関わるものである。「講
    義予定」の参考文献にはいちいち挙げない。常に参照していただきたい。
    ・国際紛争処理制度の歴史的展開を学ぶ
    田岡良一『国際法 III 新版』(有斐閣、1974 年)
    ・国際司法裁判所の詳細を学ぶ
    杉原高嶺『国際司法裁判制度』(有斐閣、 1996 年)
    ・判例集
    山本草二他『国際法判例百選』(有斐閣、 2001 年)
    参考文献・資料
    以下の「講義予定」参照
    関連資料・情報は随時濵本ホームページ(上記)に掲載する。
    自分でさらに文献を調べたい場合
    ・「法学部生のための文献資料の探し方」
    ←法学部 HP(http://www.law.kobe-u.ac.jp/)の「研究学習資源」
    インターネットでの資料検索
    神戸大学国際法ウェブサイト http://www.kobe-u.ac.jp/ilaw/
    成績評価方法
    成績評価は、
    1.講義中の議論への参加
    2.レポート3本
    により行う。いわゆる「期末試験」は行わない。
    「講義中の議論への参加」については、発言内容の適否ではなく、議論に参加してい
    るかどうかに着目する。議論に参加する受講生のみ、レポートに基づく成績評価の対象
    とする。
    2
    2006 年度後期 神戸大学法学部 国際紛争と法
    3本のレポートについて

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2006 年度後期 神戸大学法学部 国際紛争と法
    神戸大学法学部 2006 年度後期
    国際紛争と法 シラバス
    教授 濵本正太郎
    shotaro@kobe-u.ac.jp
    講義目標
    中央機関による強制執行の存在しない国際法体系において、紛争処理のために法はど
    のような役割を果たしているのか、いないのか。一見する限り法はなんの役にも立ちそ
    うにない国際紛争過程を法の観点から検討することにより、「法」について、また、国
    講義内容
    ま ず 、「紛争の平和的処理」に関する国際法規則・制度を概観する。強制管轄権を持
    つ裁判所も強制執行機関もない国際法は、紛争が生じた場合にどのような処理手続・制
    度を有しているか。紛争処理制度の歴史的展開――これは戦争の法的規制と不可分であ
    続いて、その体系的理解を基に、紛争処理に関する国際法規範が実際にどのような働
    きをするのかについて、3 つの事例を通じて考える。「現場」での国際法の使われ方を
    見ることにより、「体系的」学習だけでは得られない深い理解を得ることを目的とする。
    論を構築するか。それを考えることがここでの内容である。
    教材
    必携2点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。