国連における平和構築の潮流

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数20
閲覧数731
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    25 外務省調査月報 2006/No. 2
    国連における平和構築の潮流
    ─平和構築委員会設立─
    山内 麻里
    はじめに
    1.平和構築委員会設立の背景 : 国連に於ける平和構築の取り組みの変遷
      (1)平和構築概念の変遷
      (2)国連における調整・統合の取り組み
        (イ)国連本部における統合の試み
        (ロ)現場における統合の試み
        (ハ)経済社会理事
    会(経社理)による平和構築活動の調整の試み
      (3)平和構築委員会(PBC)
    2.平和構築委員会設置を巡る交渉 : 底流に流れる二つの問題
      (1)積み残し案件に係る交渉
        (イ)PBC の設置方法
        (ロ)当該国の関与の在り方
        (ハ)報告ライン
        (ニ)PBC の議題設定
        (ホ)組織委員会の構成
      (2)二つの根本問題
      (3)決議採択後の交渉
    おわりに
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    26
    27
    27
    30
    30
    32
    34
    35
    35
    35
    36
    37
    37
    38
    38
    40
    41
    43
    研究ノート
    26 国連における平和構築の潮流
    「我々は、国連の中心的な役割を強調しつつ、世界が直面している多面的で相互に関
    連した課題や脅威によりよく対応するため、また、平和と安全、開発、人権の分野
    で進展を達成するため、国際法に従い、効果的な多国間システムの決定的な重要性
    を再確認する・・・」
    (2005 年国連首脳会合成果文書、「1. 価値と原則」より抜粋 )
    はじめに
     
     近年、国連において、平和構築支援活動が注目されている。紛争終結後、平和維
    持活動が成功を収め撤退した後、5 年以内に紛争に逆戻りするケースが 5 割にも上
    ると言われており、これに対する反省から、国際社会が、平和維持活動から復興、
    開発までを一貫して捉えた、継ぎ目無い支援を行う必要性を認識し始めたことが根
    底にある。
     2005 年 9 月、国連で開催された国連首脳会合で、成果文書(World Summit
    Outcome: WSO)が採択された。成果文書は、開発、平和と安全保障、人権と法の支
    配等の幅広い分野における、今後の国際社会の政策方針を定めたが、その成果の一
    つが「平和構築委員会 (PBC) の設置」である。成果文書は、「持続可能な平和を達成
    するため」、「調整され、一貫性があり、統合されたアプローチが必要である」として、
    「持続的開発の基礎」作りを支援する制度的な仕組みとして、PBC の設置を決定した。
    これは、過去に国連が効果的平和構築支援のあり方を検討し、それを踏まえ実践し
    てきた経験を活かした結果であった。
     この成果文書採択から 9 ヶ月後、2006 年 6 月 23

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    25 外務省調査月報 2006/No. 2
    国連における平和構築の潮流
    ─平和構築委員会設立─
    山内 麻里
    はじめに
    1.平和構築委員会設立の背景 : 国連に於ける平和構築の取り組みの変遷
      (1)平和構築概念の変遷
      (2)国連における調整・統合の取り組み
        (イ)国連本部における統合の試み
        (ロ)現場における統合の試み
        (ハ)経済社会理事
    会(経社理)による平和構築活動の調整の試み
      (3)平和構築委員会(PBC)
    2.平和構築委員会設置を巡る交渉 : 底流に流れる二つの問題
      (1)積み残し案件に係る交渉
        (イ)PBC の設置方法
        (ロ)当該国の関与の在り方
        (ハ)報告ライン
        (ニ)PBC の議題設定
        (ホ)組織委員会の構成
      (2)二つの根本問題
      (3)決議採択後の交渉
    おわりに
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。