精神障害者の社会復帰について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,806
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者の社会復帰について
     今回授業を受けて、精神疾病又は障害は誰にもおこりうるものであると改めて感じた。授業の中でさまざまな疾患の定義、原因、治療、症例をみてきたが、すべての疾患に対し社会復帰は意外と難しいものであると感じた。そこで、社会復帰についてまとめてみたいと思う。
    精神障害者の置かれた状況
    平成17年(2005年)の患者調査によると、およそ303万人が精神疾患により入院もしくは外来治療を受けていると推測されている。このうち、入院患者数はおよそ35万人となっている。
    今日の精神障害者に対するケアは、「入院医療中心の体制から地域におけるケアを中心とする体制」へ積極的に推進されている。
    日本では、昭和25年(1950年)に、精神障害者に適切な医療・保護の機会を提供することを目的に「精神衛生法」が制定された。その後、ライシャワー事件を契機として昭和40年(1965年)「精神衛生法」は精神障害者に厳しい措置をとる方向に改正された。
    しかし、昭和62年(1987年)に「精神衛生法」から「精神保健法」に改正され、地域ケアの萌芽として社会復帰施設の法定化や入院患者の人権保護規定が盛り込ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。