教育原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数895
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ☆ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ

     ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチー(Johann Heinrich Pestalozzi,1746-1827)はスイスの医師の家に生まれた教育実践家であり、フランス革命後の混乱の中、自分で学校を開き、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事した。
     ペスタロッチーの教育手法として、直観教授(メトーデ)、労作教育があり、当時のヨーロッパでは高い知名度を持っていた。そのため、多くの人物が教えを乞いに訪れた。ペスタロッチーの教育実践は主に初等教育段階のものであったが、彼の元に訪れたフリードリヒ・フレーベル、ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトらによって幼児教育や大学での教育学などに応用、発展された。

    B5・400字換算で約7~8ページ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について
    考察せよ
     ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチー(Johann Heinrich Pestalozzi,1746-1827)はスイスの医師の家に生まれた教育実践家であり、フランス革命後の混乱の中、自分で学校を開き、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事した。
    ペスタロッチーは子どもたちに経済的な自活の能力をつけさせ、健全な家庭生活が営まれることによって健全な家庭生活が生まれ、道徳的な人間が育成されると考えた。彼は家庭の教育力を問題にした最初の人物であり、学校に家庭的な温かさが大切であるとした。
    また、それまで貧民層は教会に付帯した学校へと行き、文字や聖書の文章を覚えるだけであったが、貧民学校を開き、人格形成まで含んだ「教育」を広く民衆に広めた意義、功績は大きい。
    ペスタロッチーの教育手法として、直観教授(メトーデ)、労作教育があり、当時のヨーロッパでは高い知名度を持っていた。そのため、多くの人物が教えを乞いに訪れた。ペスタロッチーの教育実践は主に初等教育段階のものであったが、彼の元に訪れたフリードリヒ・フレーベル、ヨハン・フリー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。