学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数478
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ☆現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい

     日本では明治19年の師範学校令の制定で師範学校での教師が登場する。当時の教師像は、知識の伝達者であり、政治的に中立であり、子供に道徳的感化を与えうる人格の所有者でなければならないとし、「順良、信愛、威重」の資質が求められていた。薄給で奉仕的実践を理想とする「聖職者論」が謳われていた。
    しかし、第二次世界大戦における敗戦を機に日本の教育は大転換を遂げた。これまでは臣民の義務だった教育が、国民の基本的人権の1つとされ「権利」として保障されることになったのである。この結果「聖職者論」から「労働者論」へと変化する。
    さらに1966年になると、ILO・ユネスコ共同勧告の「教師の地位に関する勧告」が出された。この中で「教職は、専門職でなければならない」と規定されており、教育の科学・技術の向上は専門職化の重要な用件として位置づけられることになった。
    このように教職者は歴史と共に方針が変化し、様々な資質を求められてきたのである。

    B5・400字換算で約7~8ページ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」について
    まとめなさい
     日本では明治19年の師範学校令の制定で師範学校での教師が登場する。当時の教師像は、知識の伝達者であり、政治的に中立であり、子供に道徳的感化を与えうる人格の所有者でなければならないとし、「順良、信愛、威重」の資質が求められていた。薄給で奉仕的実践を理想とする「聖職者論」が謳われていた。
    しかし、第二次世界大戦における敗戦を機に日本の教育は大転換を遂げた。これまでは臣民の義務だった教育が、国民の基本的人権の1つとされ「権利」として保障されることになったのである。この結果「聖職者論」から「労働者論」へと変化する。
    さらに1966年になると、ILO・ユネスコ共同勧告の「教師の地位に関する勧告」が出された。この中で「教職は、専門職でなければならない」と規定されており、教育の科学・技術の向上は専門職化の重要な用件として位置づけられることになった。
    このように教職者は歴史と共に方針が変化し、様々な資質を求められてきたのである。
    そして近年では「教員に求められる資質能力」として教育職員養成審議会が、「新たな時代に向けた教員養成の改善方策に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。