教育社会学問題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数954
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学
    1 イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。 5月午前
    中国では1990年代の改革として、学生数の増加、教育における市場原理の導入、素質教育の実施を行った。
    科学技術と教育によって国の振興をはかるため、まず学生数を多く増加した。中等教育・高等教育共に大きく学生数が増え、非識字率も低下した。しかし、就学率の面でみれば日本と比べてもまだ低いと言える。また、日本の戦後の教育で大学進学率などが向上したことと類似しているとも言える。
    次に教育における市場原理の導入について述べたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学
    1 イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。 5月午前
    中国では1990年代の改革として、学生数の増加、教育における市場原理の導入、素質教育の実施を行った。
    科学技術と教育によって国の振興をはかるため、まず学生数を多く増加した。中等教育・高等教育共に大きく学生数が増え、非識字率も低下した。しかし、就学率の面でみれば日本と比べてもまだ低いと言える。また、日本の戦後の教育で大学進学率などが向上したことと類似しているとも言える。
    次に教育における市場原理の導入について述べたい。中国では1990年代に社会主義市場経済体制の確立が提唱されたが、これに伴い教育にも競争原理が導入された。これにより、学校設置主体が多様化した。民営学校が多数出現し、また公立学校に民営の管理方式を導入して効率化をはかるという改革もなされた。これにより資源の使用効率を高めた。これらは、日本において私立学校が台頭してきた歴史と類似していると言えるだろう。
    次に、素質教育の実施について述べたい。中国では教育を受けることが奨励されたが、激しい受験戦争が起こり、また所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。