ことばの学び手としての児童に教えること

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数550
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ことばの学び手としての児童に教えること」について、具体的な例を示して論じなさい。
    ことばの学び手としての児童に教えることについて、話すことや聞くこと、書くこと、読むこととの関わりの中で、以下述べていきたい。
    ①ことばと児童について
    児童を把握し、理解するためには今児童が発揮している力と、児童がこれまでの経験によって獲得してきた力を理解することが重要である。児童がそれぞれに持っている独自の経験によって独自の原語体系

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ことばの学び手としての児童に教えること」について、具体的な例を示して論じなさい。
    ことばの学び手としての児童に教えることについて、話すことや聞くこと、書くこと、読むこととの関わりの中で、以下述べていきたい。
    ①ことばと児童について
    児童を把握し、理解するためには今児童が発揮している力と、児童がこれまでの経験によって獲得してきた力を理解することが重要である。児童がそれぞれに持っている独自の経験によって独自の原語体系を持っているということを知っておくことが大切なのである。例えば、大家族の児童もいれば、少人数の家族の児童もいるし、一人っ子の児童もいれば、兄弟姉妹が数人いる児童もいる。そこで培われた経験というのは人それぞれなのである。したがって、一人一人がどのような国語の学習をしてきて、どのような経験をしてきたのかをしっかりと把握して指導しなければならない。また、児童の言語活動の過程での言語認識を観察していかなければいけない。先ほど述べたように、児童は独自の経験によった独自の言語体系をもっている。児童一人一人が違った言語活動を展開していくと考えられるのである。ここで、児童の言語過程は音声化さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。