理科教育法Ⅱ問題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数609
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ① 理科における事故防止について次の問いに答えよ (1) 万一、事故が起こった場合、どのような「損失」が考えられるか。 (2) 事故を未然に防ぐための策を解せよ。
    (1)事故が起こった場合、肉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ① 理科における事故防止について次の問いに答えよ (1) 万一、事故が起こった場合、どのような「損失」が考えられるか。 (2) 事故を未然に防ぐための対策を解説せよ。
    (1)事故が起こった場合、肉体的な損失はもちろんだが、怪我をさせたほうも、怪我をしたほうも精神的な苦痛が消えないだろう。そして、教師も子どもたちも、実験や制作活動に消極的になり避けて通るようになる。また、実験への恐怖から、理科嫌いを生み出してしまう危険もあるといえる。
    (2)事故を未然に防ぐためには、安全管理と安全指導の両面から対策を行っていかなければならない。
    安全管理とは、事故が起こらないように、実験器具や薬品の保管に注意したり、子どもたちが事故を起こさないように管理したりすることである。
    安全指導とは、何が危険で何が安全かを自分で判断でき、自分で自分を守ることができるように指導することである。
    教員は実験器具や薬品類の特徴についてきちんと理解し、それらの取り扱いについても熟知しておくことが大切である。また実際に授業で実験を行う前に、必ず予備実験を行わなければならない。さらに、子どもたちを学校外に連れて行く場合には..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。