アズキ上胚軸の伸長成長

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数979
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アズキ上胚軸の伸長成長
    目的
     植物ホルモン(オーキシンとジベレリン)とソルビトールが植物の伸長成長にどのような影響を与えるかを知る。
    方法
    ・アズキの播種後8日目の緑化芽生えの上胚軸から、茎頂分裂組織を含まない10mmの切片を切り出し、7種類のホルモン溶液に浸し、2.5時間後、24時間後の長さを測定した。7種類のホルモン溶液は以下の通り
    コントロール(H2O)
    IAA(インドール酢酸) 0.1mM
    IAA 0.1mM + Sor(ソルビトール)0.25M
    GA(ジベレリン) 0.1mM
    GA 0.1mM + Sor 0.25M
    IAA 0.1mM + GA 0.1mM
    IAA 0.1mM +..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。