『ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。』

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数856
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。』
     「ロスト・ジェネレーション(失われた世代)」とは、第一次世界大戦後、戦争の残酷さの実感から虚無と絶望に陥り、社会のあらゆる既成概念に疑念を示し、虚無的傾向のうちに新たな生き方を追求した、アメリカの幻減した知識階級および芸術派の青年たちに与えられた名称である。この「ロスト・ジェネレーション」という言葉は、アーネスト・ヘミングウェイが『日はまた昇る』の巻頭でガートルード・スタインの言葉として引用し、アメリカ文学史に残るきかっけになったのである。この世代に含まれる青年層の多くは、第一次世界大戦に参加し、戦争体験を共有しており、さらに彼らは浅はかなアメリカ文化に反発し、国外離脱者となりヨーロッパに渡り、一時的に快楽的・虚無的な生活へと入っていった者も多い。その世代に含まれ、それらの人物を扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家であり、スコット・フィッツジェラルド、ドス・パソス、ウィリアム・フォークナー、ヘミングウェイが代表的な作家である。
     フィッツジェラルドは、生活を維持するため、金銭的な理由で作品を発表することがほとんどであった。『楽園のこちら側』で新進作家として一躍脚光を浴び、またこの作品は、ロスト・ジェネレーションの記録すべき最初の作品である。この作品でベストセラー作家となった彼の代表作は、ヨーロッパで2年半生活し、静かで平和な生活の中で執筆に専念でき、充実した作家生活の中で描かれた、『偉大なるギャッツビー』である。この作品は、中西部の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。』
     「ロスト・ジェネレーション(失われた世代)」とは、第一次世界大戦後、戦争の残酷さの実感から虚無と絶望に陥り、社会のあらゆる既成概念に疑念を示し、虚無的傾向のうちに新たな生き方を追求した、アメリカの幻減した知識階級および芸術派の青年たちに与えられた名称である。この「ロスト・ジェネレーション」という言葉は、アーネスト・ヘミングウェイが『日はまた昇る』の巻頭でガートルード・スタインの言葉として引用し、アメリカ文学史に残るきかっけになったのである。この世代に含まれる青年層の多くは、第一次世界大戦に参加し、戦争体験を共有しており、さらに彼らは浅はかなアメリカ文化に反発し、国外離脱者となりヨーロッパに渡り、一時的に快楽的・虚無的な生活へと入っていった者も多い。その世代に含まれ、それらの人物を扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家であり、スコット・フィッツジェラルド、ドス・パソス、ウィリアム・フォークナー、ヘミングウェイが代表的な作家である。
     フィッツジェラルドは、生活を維持するため、金銭的な理由で作品を発表すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。