「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数852
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」
     アメリカ文学が飛躍的に成長をみせた19世紀、アメリカン・ルネサンスと呼ばれる時代の前半にエドガー・アラン・ポーは活躍を見せた。ポーは、多くの作家がアメリカを舞台に、アメリカに題材を求めていたのに対し、外国・国籍不明の土地を舞台に、古い城など月並みな素材を使用し、最高の美を追求し、非現実的な人工世界を作り出した作家であり、非常に特異な作家である。一方マーク・トウェインは、南北戦争以後の19世紀後半、自由と平等を理想とする社会の中現実との矛盾を作品の中で批判し、新しい創作世界をうち立てた作家である。
    19世紀を代表するこの両者について、代表作を幅広く取り上げ、各々の具体的内容をについて述べていくことにする。ポーについては、短編、詩、評論の3分野について述べることとする。
    エドガー・アラン・ポー:19世紀前半のアメリカ文学の中で、アメリカの最初の世代の文学者としてアメリカ内外で知られた作家である。また、他国、特にフランスおいてのポーの評判は非常に高く、詩観の権威と認められ、作家としての名声を得ていた。ポーの偉業は大きく短編、詩、批評の3つの分野に分けられる。
     ポーの短編小説は、ほとんどが雑誌に寄稿されたもので、『怪奇幻想物語』と『短編集』にまとめられ、それらの短編は、恐怖をねらったもの、美的または詩的なもの、推理もの、の3種類に分けられる。
     「アッシャー家の崩壊」では、現実と幻想の交錯する中で、“人間の深層と外界との根源的かかわり”が表現され、何とも表現し難い恐怖心を与える作品であり、「黒猫」も同様に、人間のすさんでいく心の恐怖を、また良心を悩ませるものの、恐怖が描かれた作品である。また、「盗まれた手紙」ではゴシック小説を発展させ、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」
     アメリカ文学が飛躍的に成長をみせた19世紀、アメリカン・ルネサンスと呼ばれる時代の前半にエドガー・アラン・ポーは活躍を見せた。ポーは、多くの作家がアメリカを舞台に、アメリカに題材を求めていたのに対し、外国・国籍不明の土地を舞台に、古い城など月並みな素材を使用し、最高の美を追求し、非現実的な人工世界を作り出した作家であり、非常に特異な作家である。一方マーク・トウェインは、南北戦争以後の19世紀後半、自由と平等を理想とする社会の中現実との矛盾を作品の中で批判し、新しい創作世界をうち立てた作家である。
    19世紀を代表するこの両者について、代表作を幅広く取り上げ、各々の具体的内容をについて述べていくことにする。ポーについては、短編、詩、評論の3分野について述べることとする。
    エドガー・アラン・ポー:19世紀前半のアメリカ文学の中で、アメリカの最初の世代の文学者としてアメリカ内外で知られた作家である。また、他国、特にフランスおいてのポーの評判は非常に高く、詩観の権威と認められ、作家としての名声を得ていた。ポーの偉業は大きく短編、詩..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。