都市社会とリスク

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数291
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.
    2章について
    19世紀と20世紀末が似ている→自然増加がマイナス
    どちらも都市のリスクが反映されていると言えるが、
    19世紀末→伝染病の流行
    20世紀末→自己変容の結果
         そして流入した人々は下層社会という共同体の中で都市生活を送ることが可能
    →20世紀には共同体が徐々に崩壊→階層が同質化し、その中の個々がよりよい生活を求めた
    →生活単位を縮小させるという自己変容
    →近年の人口減少(リスク)
    そこで、この自己変容の結果人口減少とそのリスクから離脱をするということを目標にしたときを考える。20世紀においてはある程度の都市社会が共同体を失い、個々がその生活改善を考える余裕と、実際にそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。