聖徳大学 幼児理解・保育相談 第1課題第3設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数589
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第3設題
     幼稚園教育要領の総則に「幼児の発達は、心身の諸側面が相互に関連し合い、多様な経過をたどって成しとげられていくものであること、また、幼児の生活経験がそれぞれ異なることなどを考慮して、幼児一人ひとりの特性に応じ、発達の課題に即した指導を行うようにする」と記述されているように、保育の現場において幼児を正確に理解することは、適切な指導を計画し実践していく上で必要不可欠なことである。
     上述のように大きな意義を持つ幼児理解であるが、正しく行われるためには十分に配慮されなくてはならない点がある。まず保育社の事前知識として発達の平均的な姿を理解していること、各段階での発達課題やその流れを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。