聖徳大学 児童学の教育学的基礎Ⅰ 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数466
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     ルソーは1712年にジュネーブにて生を受け、1778年まで生きた哲学者・教育思想家で、彼の著書には「エミール」、「人間不平等起源論」、「社会契約論」などがある。特に架空の少年の成長を小説的に描いた「エミール」で論じられたルソーの子ども観・教育観は児童中心主義と呼ばれ後世に大きな影響を与えた。
     ルソーの子ども観は「子どもは大人の縮図ではない」という文言に表されるように、子どもは子どもらしくあるべきだという考え方に基づいており、著書「エミール」の中で「子どもには乳幼児から青年へと至る自然な発達段階があり、自然は子どもが大人になる前に子どもであることを望んでいる。」と述べて、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。