聖徳大学 児童学の社会学的基礎Ⅰ 第2課題第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数147
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第2設題
    親子関係の歴史を発達社会学の視点において考えると、近代的社会に入ったとされる1920年代から現在までは、それ以前とは比較にならないほどの大きな変化を経験したということができる。とくに日本においては第二次世界大戦の時期を契機に子どもとその養育者とを取り巻く環境が一変した。
     この親子関係の変革とその後の親子関係に注目し、この設題を考察していく。
     1920年代から1970年代にかけて、近代的産業は急速に発達し、それまでの農業中心の社会構造から第二次・第三次産業中心の社会構造へと大きく変化した。これに伴い、家族の役割も性別分業型構造へと変わったのである。この家族の様相の変化は、人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。