聖徳大学 保育内容総論 第1課題第3設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数506
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第3設題
     「発達」という言葉に対する理解は、一般のそれと保育を学んだ人間との間においては、違いがあるように感じる。実際私自身、このように幼児教育・保育を勉強し、「発達」という概念をまったくといっていいほど新たなものとした。現代の保育の現場で理解されている「発達」の観念に照らして、望ましい保育の在り方を考えていく。
     一般的に発達というと身体機能が向上したり、精神構造が高度になったりというように、人間が上昇的に成長することだけを意味しているようにとらえられている。しかし、生涯発達という概念は人間が生まれてから乳児期・幼児期・児童期・思春期・成人期・壮年期・老人期と、加齢による衰退までの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。