聖徳大学 保育内容指導法Ⅲ 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数302
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題
     幼稚園教育要領における「環境」領域が対象とするものには、大きく分けて自然物と人工物がある。そのどちらもが幼児にとって日常的に目にし、手にとり、親しむことができるものである。幼児自身が周囲と自らとの関わりに興味を持ち、その興味を発展させていくうえで、いかに自然物と人工物を扱っていくか、その指導の違いを学習する。
     自然物とは我々を取り巻く地球的環境の全てである。それは具体的には、山・川・海・空・風・太陽・動物・植物などである。まずは幼児がこうしたものに取り囲まれて毎日生活をしているということに自ら気がつくよう促すことが大切である。この際自然界には何があるかというような知識の詰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。