聖徳大学 保育原理Ⅱ 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数293
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     義務教育が始まる前の幼い子どもにとって保育者とはどのような存在か、理想の保育者を考える上でこれを知ることは大変重要である。幼児にとっては保育所や幼稚園にいる間も生活の一部であり保育者は幼児の生活に密接に関わる様々な役割を持っている。また年齢が小さければ小さいほど特定の大人との関係が発達に大きく影響することからも、保育者の持つ役割は重要なものだということができる。
     保育者からの愛情は幼児が心の安定を得る上で必要不可欠である。人間の子どもは未熟な存在で周囲の大人に保護されることによって、その大人との信頼関係を築く。このような愛情と信頼関係の中で子どもの情緒は安定し徐々に主体性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。