聖徳大学 保育原理Ⅰ 第1課題第4設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数440
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第4設題
     幼児にとって「遊び」はその日中の活動のすべてであると言っても過言ではない。また「遊び」という言葉には様々な意味が含まれている。「遊び」という言葉の保育における定義を明らかにし、そこにある意義を包括的に理解し、子どもの遊びに適切な援助が行えるよう考察していく。
     まず、「遊び」とは何かについてのホイジンガの定義を考察したい。彼の定義をまとめると、①遊びの自発性、②遊びの自己完結性、③遊びの自己報酬性、④遊びの自己活動性の4つがその特徴としてあげられる。①遊びの自発性とは言うまでもなく、子ども自身が主体となって遊びを作り出し、自身が主導的に遊びを行っていくことである。②遊びの自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。