聖徳大学 小児保健 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数362
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     子どもとは成長や発達が速く成長に伴う運動機能の変化が大きいため、発達と大きく関連し事故が発生している。また事故の発生は乳幼児の特徴である未熟性とも関連し、自分の身を守るための判断能力や注意力、また身体機能、運動能力が未熟なために起こるのがその傾向だと言うことができる。子どもは年齢が低ければ低いほど身長に対して頭部が閉める比率が高いため転倒が発生しやすく、頭部への直接の打撃となりやすいことが乳幼児の事故の特徴である。
    年齢別に見ると、誕生から3ヶ月までの乳児については子ども自身の運動機能が未発達なため乳児に直接起因する事故が少ない代わりに、保育者の過失による事故が大きく占める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。