聖徳大学 児童学の保健学的基礎Ⅰ 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数325
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    題1課題第1設題
    人間は社会的な動物である。つまり人と人との関わりの中で生きていくということであり、これは母子関係においても同様である。人間の新生児はポルトマンが生理的早産というように極めて未熟な状態で生まれる。生きていくために必要な全てを養育者にゆだねており、親をはじめとして周囲の養育者の保護を受けねばならず、養育者との愛着関係が新生児にとっては生存そのものに大きく関わる必要不可欠な要素なのである。    
    新生児を可愛らしいと思う、その視覚的な刺激となるものについては、インプリンティングの発見で有名なノーベル賞受賞の動物生態学者のコンラッド・ローレンツが「ベビー図式」という概念を用いて述べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。