聖徳大学 児童学の保健学的基礎Ⅰ 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数289
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     大脳は人間の精神活動のすべてをつかさどる器官であり、大脳が発達するからこそ、ヒトとして生まれた新生児がより高度で人間的な思考を手に入れるのである。「人見知り」とはこのような大脳が成熟する一段階の表出であり、大脳の発達過程を理解することにより、乳幼児の心の動きを理解する助けになると考える。
     ヒトは受精から誕生に至るまでに140億個ものニューロンが作られ、それらが互いに繋がり合ってできた精巧なニューロンネットワークによって感覚情報処理や運動制御など多種多様な機能を担っている。しかし、このようなネットワークは出生当時から完成しているわけではない。スキンシップなどを含め様々な外界..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。