聖徳大学 児童学の心理学的基礎Ⅰ 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数238
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題
     現代社会では子供を取り巻く問題が大きくとりあげられている。特に子供の心の問題はその症状や程度はさまざまであるが、すぐにキレる子、感動のない無表情な子、暴力的な子など、神経症・精神病とまではいかないものの、環境に対して不適応をおこしている子供も少なくない。このことをふまえてこの設題を考察していく。
     乳幼児と家族、特に母親・父親との関係は人間関係の基礎と言うべき重要なものである。乳幼児期にしっかりとした、人間や世の中に対する価値基盤・信頼性を築くことが出来れば、その後の人生においても安定した関係を築ける道筋となるのである。しかし人間のみが獲得した言語という特別なコミュニケーシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。