聖徳大学 教職の意義と教師の役割 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     日本での教師という存在は社会情勢などとも密接にからみ、師範学校出身の尊敬される教師から、戦前・戦中のプロレタリアート的師範像、戦後の文部省と日教組の対立、聖職者対労働者論争など紆余曲折を経て、1966年のユネスコの勧告により「教育の仕事は専門職である」のと認識に定着した。一方で教育は系統主義や経験主義の論争に揺れてきた。しかし本来教育とは物事を伝えていく働きを持った「教」と子どもを育てていく働きを持った「育」とのバランスの上に成り立っているものである。
    現代の教師の役割とは、授業を行う・子どもの悩みの相談に応じる・学級運営のマネージメント・学校運営の分担・家庭や地域との連携..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。