聖徳大学 教育課程論 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数243
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     寺子屋とは江戸時代に一般庶民を対象として設けられた教育施設のことである。
     江戸時代は兵農分離のため武士階級が集中して城下へ住むようになり、江戸や京都などの城下町が急速に発展し都市化していった。また米の出来高を単位とする石高制と貨幣経済が並行しており、また商品経済が発展して年貢や徴税、商売などに帳簿をつけることが習慣化し計算能力が広く求められるようになった。また幕府からの指示伝達、住民同士の揉め事の解決などに文書を多用するようになったことから読み書きの需要も高まった。そのような中寺子屋は自然発生的に都市部から始まり、江戸中期から後期にかけて農村部へと拡大していった。
     寺子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。