犯罪の成立要件について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,104
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    TVや新聞を見ると、連日、殺人などの事件が絶えず報道されている。

    私達の社会には様々な犯罪が存在する。





    犯罪とは何であろうか?



    本論では犯罪とは何かについて、

    犯罪の意義、犯罪の成立要件、さらに成立要件の例外からみていきたい。





    1)犯罪とは

     



    2)犯罪の成立要件

     刑法上の犯罪は刑罰法規によって規定される行為だが、この形式的概念を刑法上、成立要件の面からみていくと三要素が必要である。



    3)犯罪成立要件の例外



    4)まとめ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     TVや新聞を見ると、連日、殺人などの事件が絶えず報道されている。私達の社会には様々な犯罪が存在する。犯罪とは何であろうか?本論では犯罪とは何かについて、犯罪の意義、犯罪の成立要件、さらに成立要件の例外からみていきたい。
    1)犯罪とは
     犯罪の意義は、形式的意義の犯罪と実質的意義の犯罪に二分される。形式的意義の犯罪(狭義)とは、刑法199条「人を殺した」等、刑罰法規に定められた行為であり、それに対して刑罰が科せられる行為をいう。一方、実質的意義(広義)は、広く社会秩序の侵害、個人や公共の利益を侵害する社会現象としての不法行為をいう。形式的意義の犯罪は実質的意義の犯罪が基礎となっている。しかし、反倫理的な行為すべてが刑法上の犯罪ではない。反倫理的な行為を国家が刑罰法規に類型化し、それに該当する行為が刑法上の犯罪といえる。
    2)犯罪の成立要件
     刑法上の犯罪は刑罰法規によって規定される行為だが、この形式的概念を刑法上、成立要件の面からみていくと、構成要件該当性、違法性、責任の三要素が必要である。そこで犯罪の成立要件についてみていきたい。
    構成要件該当性
     犯罪を規定するのは、刑法である。わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。